マタニティ歯科

妊娠中からお母さんと お腹の中の大切なお子様の
虫歯予防を始めてみませんか?

虫歯0を実現するために。マイナス1歳から考える予防治療

乳歯(子供の歯)は妊娠中に作られています
ですから、妊娠中から産まれてくるお子さんの虫歯予防を始めましょう。

ママと産まれてくる赤ちゃんのための歯の健康づくり

口腔内の2大疾患『虫歯』と『歯周病』。これらは、『細菌の感染症』なのです。
赤ちゃんがお腹にいる間は、細菌はいないのです。では、いつ感染するのか??
それは、唾液からの母指感染によるものです。

歯周病の妊婦さんは

ホルモンのバランスが崩れることによって自分の免疫力が低下します。お口の中に菌が増えてしまい、歯周病を進行させます。
妊婦の皆さん ネバネバ、口臭、出血など歯周病の症状を感じますか?
歯周病がある場合、早産、低出生体重児出産の危険性が7倍と高くなります。喫煙している妊婦さんのリスクに相当します。
アメリカ歯周病学会のデータによると、プロフェッショナルクリーニングで口腔内の虫歯、歯周病の細菌が減少し68%の早産、低出生体重児のリスク軽減産まれた子どもさんの口腔内の虫歯菌、歯周病菌の数も少ないようです。

妊娠したママさんが安心して出産できて、産まれてくる子どもの健康を守るために妊娠中の口腔ケアはとても大切です。

カツシマ歯科では、尾道市にお住まいの方の無料妊婦歯科検診を行っています。
来院時は、受診券母子健康手帳、普段使用している歯ブラシをお持ちください。なお、検診当日は治療ができません。
無料ですので、お気軽にお越し下さい。

検診の流れ

1.カウンセリング

お口の悩み、妊娠中の不安など今、気になっていることをしっかり聞かせて頂きます。

2.検査

虫歯、歯周病など気になっている所の検査を行います。妊娠中でも、安心して取れるレントゲンもあります。母子健康手帳にも、お口の状態を記入させていただきます。

3.カウンセリング

検査結果をわかりやすく説明します。

4.治療

その時の体調、妊娠期間に合わせた治療を行います。妊娠時期によっては、できない治療もございます。

5.健康学習

お口の健康を守り、安心して出産を迎えられるように知っておくべき知識を伝えます。

6.メンテナンス

治療が終わってから、出産までまだ期間がある時は、出産前にメンテナンスされることをお勧めしています。

|